アコムの審査甘いは嘘?申し込みから審査の流れまで【即日融資の方法】

自営業でも借りれるカードローンは?

自営業の方が今すぐお金が必要になった場合、迅速に対応してくれるのがアコムのカードローンです。アコムならWEB完結可能で24時間365日申込みを受付けていますので、自分の都合のいい時間に手続きが進められます。アコムのカードローン審査は職業によって審査が厳しくなることはありませんので、自営業の方でも安心して申し込みすることができます。また、はじめて利用する方は30日間無利息サービスの対象にもなりますので、お得に借りることも出来ますよ。

 

自営業でも借りれるカードローンおすすめは?

自営業でも借りれるカードローンあるのでしょうか?!

”自営業”と聞くだけで審査に通るのは難しい、実際、会社員と比べると審査に落ちる確率は高いんじゃないか?!と思っている方は多いと思われます。

それもそのはず。収入が安定していない自営業者であれば心の中は不安でいっぱいなはずです。

ですが、そんな自営業の方にもおすすめできるカードローンがあるんです!

それはズバリ「アコムのカードローン」。

アコムは自営業だからといって審査落ちする事はなく、「安定した収入がある」ことが確認できればお金を借りることができます。

しかも、アコムの審査は「最短30分」、即日融資にも対応しています。

また、アコムのカードローンは使い道が自由となっているため、いざという時などに1枚あれば便利なカードにもなります。

他にもアコムには自営業の方向けの「ビジネスサポートカードローン」もありますので、自営業だからと言って申し込みを躊躇する事もありません。

 

自営業でも借りれるカードローンは審査が厳しい?

一般のカードローンお申込みの利用条件には大抵「満20歳以上の安定した収入のある方」とありますので、自営業者であってもこの条件を満たしておけば審査に通ることは可能です。

ですが、実際のところ会社員と比較すると収入が不安定ですので、カードローン審査が厳しい傾向であると考えられます。

自営業者はカードローンの申し込みをすると確定申告の書類の提出を求められますので、収入が低ければ審査が不利になってしまいます。

確定申告書には収入や経費など控除を引いた金額が記載されていますので、どうしても収入が低くなってしまいます。

例えば病気や怪我をした場合、会社員なら他の人に仕事を変わってもらえることもできるため復帰も可能ですが、自営業の方になると家族に迷惑がかかってしまいますし、長引けば長引くほど経営が困難になってしまう可能性もあります。

以上のことから会社員に比べ自営業者の審査はどうしても厳しくなってしまい、借りることが出来たとしても限度額が低く設定されてしまいます。

しかし、自営業者だからといって全ての自営業者の収入が不安定とは限りませんし、収入が安定していないと判断される訳でもありません。

審査では安定した収入が提出した書類によって証明され、過去に金融事故等がないと判断されれば問題なく借り入れすることが出来ます。

 

自営業でも借りれるカードローンの注意点は?

自営業の方がカードローンを利用する場合いくつかの注意点がありますので確認していきましょう。

貸付条件を確認する

カードローンにはそれぞれ貸し付け条件が定められています。事前に確認しておかないと自営業者が利用出来ないカードローンもありますので、まずは申し込む前に貸付条件をチェックする必要があります。

希望借入金額を低く設定しておく

自営業者と会社員の年収が同じであったとしても、自営業者の場合は年収が不安定ということもあり希望借入金額を高く設定してしまうと審査は厳しくなってしまいます。借入希望額はなるべく必要最低限の金額に設定しておくと、審査も通りやすくなるでしょう。

申し込み欄に固定電話を記入する

携帯電話があればほとんどのカードローンに申込みができますが、職場に固定電話がなければ申込みできないカードローンもあります。本当にその場所で働いているかの確認を取るためにも、固定電話は重要となります。

開業したばかりは審査に不利

開業をしたばかりは収入が不安定ですし、どんなに利益を上げていたとしてもこれから先どうなるか分からないため、審査に通ることは難しくなります。

 

アコムのカードローンは自営業でも借りれる?

「アコム」といえば利用実績も多い人気の大手消費者金融ですが、自営業でも借りることは出来るのでしょうか?!

アコムの貸付対象者を見てみると「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあります。

これを見る限り、自営業者であっても申込みする事はできます。

アコムの利用用途は使い道自由となっているため、趣味やショッピングなどの生活費としてもお使いいただけます。

審査も最短30分ととてもスピーディーで、自動契約機(むじんくん)で契約を済ませばその場でカード発行されるため、申し込みをしたその日からお金を借りることが出来ますし、初めてアコムをご利用の方は「30日間無利息サービス」の対象となり、契約した翌日から30日間は利息0円でお金を借りることができます。

また、カードローン審査には在籍確認が必須となっているため勤務先に電話をして在籍確認を行いますが、アコムでは固定電話がなくても携帯電話での在籍確認が可能となっています。

それにアコムには自営業者向けの「ビジネスサポートカードローン」も準備されており、最高300万円まで利用可能となっています。

【ビジネスサポートカードローンの特徴】

・業歴1年以上の個人事業主の方が申し込みの対象
・年収の1/3を超える借り入れ可能
・即日融資対応
・切り替え利用も可能
・利用限度額内なら繰り返し利用可能

このビジネスサポートカードローンは自営業者向けということもあり、年収が3分の1を超えても借り入れする事が可能となっているため、たとえ他社の借入額が年収の3分の1に達していても、返済能力に問題がなければ融資を受ける事ができます。

要は総量規制の対象外ということ。

これは大きな大きなポイントだと言えますね!

ただし、利用できるのは業歴1年以上の個人事業主の方で当社基準を満たす方となっています。

また、確定申告書の提出も必要になりますので、ビジネスサポートカードローンを検討される方は、必要書類の確認もしておきましょう。

 

プロミスのカードローンは自営業でも借りれる?

アコム同様、大手消費者金融のプロミスは自営業者でも申し込み可能、即日融資にも対応しています。

申し込み条件は「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」が対象になっています。

プロミスカードローンにおいての利用用途はこちらも同じく自由となっているため、生活費や旅行などにも使うことが出来ます。

カードローン会社によっては融資の使い道を制限している所もあるため、プロミスのカードローンはとても使いやすいと評判のようです。

プロミスの審査は「最短30分」、融資まで最短1時間とスピーディーですので、平日の14時までにWEB契約を完了する事ができれば、申し込みをした当日に指定した口座に振込んでもらうことができます。

もし、平日の14時以降や土日祝日の場合でも、自動契約機を利用すればその場でカードを発行する事が可能ですので、当日中にATMからお金を借りる事もできます。

そして、無利息期間の開始日にも特徴があります。

通常ですと契約日の翌日から無利息が始まりますが、プロミスの場合は初回借り入れの翌日から30日間無利息のスタートとなりますので、無利息期間を有効的に利用できるでしょう。

プロミスの無利息期間サービスの対象者は、プロミスを初めて利用する方でメールアドレスとWEB明細を登録出来る方に限ります。

無利息期間サービスは、借りる側にとってはラッキーとしか言いようがないですね!

また、プロミスには自営者カードローンという自営者向けのカードローンも有ります。

【プロミスの自営者カードローンの特徴】

・融資額最大300万円
・利率:6.3%~17.8%
・事業資金に限らずプライベートも可
・限度額範囲内出し入れ自由
・即日融資可能
・年齢20歳以上65歳以下の自営者の方対象

自営業の方は収入が安定しないという理由でカードローン審査に落ちてしまうことがありますが、プロミスの自営者カードローンは個人としての返済能力が判断されますので、たとえ会社の成績が悪かったとしても過去の業績は関係ありません。

通常のフリーキャッシングと自営者カードローンとでは、同じように審査を行いますので即日融資に対応する事が可能です。

 

自営業でも借りれるカードローンQ&A

自営業の借り入れには収入証明書は必要になりますか?

自営業の方が審査に通る為には「安定した収入がある」事を証明しなければなりません。ですので、ほとんどのカードローン会社は自営業者に対し収入証明書(確定申告書)の提出が求められます。

————–

自営業ってカードローンが借りにくいって本当なの?

カードローンの審査では職業よりも「安定した収入」があるかどうかを重視しますので、職業が何であれ(自営業者であれ)毎月安定した一定の収入が証明できれば融資を受けることが可能です。

————–

自営業者専用のカードローンの評判はいいですか?

アコムやプロミスの自営業専用カードローンは、自営業者にとって申し込みやすくなっていますので、評判も高く通常のカードローン審査に不安のある方などは助かるのではないでしょうか。また、アコム・プロミスで扱っている自営業者向けの商品は総量規制の対象外にもなっているため、すでに年収の3分の1以上の借入がある方でも審査に通れば利用することができます。

————–

自営業者がカードローンを借りるには固定電話が必要なんですか?

カードローン審査(在籍確認)では固定電話がない自営業者は申し込みできない場合があります。ですが大手消費者金融のアコムの場合は携帯電話電話でもOKのようです。固定電話がない方は申し込みの時に携帯電話でも大丈夫かどうか確認することが大事です。

————–

アコムのカードローンは事業資金にも使えますか?

アコムのビジネスサポートカードローンなら事業資金に使うことが出来ます。それに総量規制に気にすることなく年収の1/3を超える借り入れも可能なのでおすすめです。

 

自営業でも借りれるアコムビジネスサポートカードローンのメリットとデメリットは?

アコムビジネスサポートカードローンのメリット

①総量規制は対象外
個人が借入を行うと借入の総額が年収の3分の1までと決められていますが、アコムビジネスサポートカードローンだと年収が3分の1を超えても借り入れする事ができます。

②資金使途は自由
アコムビジネスサポートカードローンは事業資金(事業ローンではない為)に限らず、自営業者専用のカードローンになりますので資金使途は自由です。

③最短即日融資が可能
アコムビジネスサポートカードローンはアコムのカードローン同様、即日融資にも対応しています。

④利用限度額内なら繰り返し利用可能
アコムビジネスサポートカードローンは、利用限度額内なら何度でも借り入れが可能なので、お金が必要になったときに限度額内なら繰り返し引き出すことができます。

⑤担保・保証人不要
基本的に融資を受ける際、担保や保証人は必要ありませんので、気兼ねなく申し込み出来ます。

⑥審査が通る可能性が高い
アコムビジネスサポートカードローンは自営業者専用のカードローンになりますので、公的融資や銀行融資と比べると審査が通りやすくなっていると考えられます。

アコムビジネスサポートカードローンのデメリット

①業暦1年以上が条件
アコムビジネスサポートカードローンの貸し付け条件として業暦1年以上でなければ申し込みできません。

②金利が高め
アコムのカードローンもビジネスサポートカードローンも上限金利は18%と高いです。長期利用にはおすすめできませんが来月分のつなぎの為だけ!少しの借り入れだけ!の理由であれば大丈夫でしょう。

 

自営業でも借りれるカードローンの審査に通るコツは?

カードローン審査に通るためにはどうすればいいのか、みなさん考えることでしょう。

審査落ちだけは誰もしたくないはずです。

自営業者であっても審査に通るコツはあるのでしょうか?!審査通過できるコツをいくつかまとめてみました。

申し込みは正確に!

申し込みで空白や間違った情報などが記載されると審査に時間がかかったり、最悪審査に通らない場合があります。申し込みが終ればもう一度初めから確認することが大事です。

虚偽の申請はしない

自営業者なので少し多めの収入を申告し見栄を張ったり明らかに嘘の申告をすると、書類や信用情報などによって簡単にばれてしまいます。そうなれば確実に審査に落とされますので嘘の申告は絶対にやめましょう。

他社借り入れしない(件数を減らす)

複数他社借り入れをしているとカードローン審査では返済が不可能では?!と判断される可能性が高くなります。他社借り入れがないほど審査に通る確率は高くなりますので、申し込み前に完済もしくは借入件数を減らしておかなければなりません。

短期間に複数申し込みをしない

いくつか申し込みをしておけば1つは審査に通るだろうと考えるかもしれませんが、それは絶対にしてはいけません。短期間に複数申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」になってしまい、逆に審査に通らなくなってしまいます。

おまけに信用情報に傷が付いてしまいますので、申し込みは1社に絞るようにしましょう。

 

自営業でも借りれるアコムカードローンのまとめ

いかがでしたか?

アコムカードローンは返済能力ありと認められれば、自営業者でもお金をかりることができます。

また、自営業者向けの商品も扱っているため、「自営業者だから…」と言って審査に不安になることもありません。

アコムなら最短30分で審査結果が出されますので、即日融資で借りることもできます。

急にお金が必要になってもアコムなら安心して申し込みすることができるでしょう。

自営業の方は、会社員みたいに「安定」ということができないと認識されています。

正社員にしろ自営業にしろ、今は「安定」という保証が確実ではないこのご時世において自営業だから安定しないと見られるのは自営業の方にとって納得いかない部分もあると思いますが…。

ですので、自営業の方は、会社員に比べると借り入れの審査が厳しくなる傾向にありますが、アコムはどうなのでしょうか。

それを紹介していきます。

 

安定した収入さえあれば自営業でもOK!

アコムでは、自営業であっても安定した収入さえあれば、お金の借入をすることが可能となっています。

ですので「自営業だから…」と申込を諦めてしまう必要はないので安心して下さい。

事業を軌道に乗せて、きちんと毎月一定の収入があれば大丈夫です。

収入証明書などは普段から準備しておこう。

自営業の場合、融資にあたって確定申告の写しや収入証明書などの書類の提出を求められるケースが多くあります。

ですので、借入に備えて、日頃からこういった書類は準備しておくことをおすすめします。

そうすれば、急いでお金を借りなければいけない時でもスムーズな審査が可能となり、お金のピンチをいち早く切り抜けることが出来ます。

自営業の場合って、借入したお金は事業に使える!

経営者の場合だと、個人名で借りたお金を事業に使うことはできませんでしたが、自営業はそれが可能となっています。

ですので、事業の調子が悪く、資金難に陥ったときは、自分の名義でお金を借りて、それを元に経営状況を立て直すことも出来ます。

アコムの審査申し込み方法は?最短借入方法は?

■アコムの申し込みは
・スマホ・ケータイ、パソコンからのWEB申し込み
・店頭窓口・むじんくん
・電話
から申込方法がお選びできます。

WEBなら24時間365日申込が可能で、来店不要で審査申し込みから借り入れ間で可能です。

平日の14:00までに契約手続が完了すると申込んだその日に振込融資を受ける事ができます。

郵送物なしで、最短借入が希望の方はWEBで申し込みをした後、むじんくんで契約、カード発行を完了させるとその場で借入が可能です。

平日の14時以降や土日・祝日に最短借入を希望される方は、むじんくんの利用をおすすめします。

むじんくんでも最短審査、最短借入が可能ですが、審査の待ち時間を考えると事前にWEB申し込みを行う事をおすすめします。

アコムWEB申込方法

①申し込み
パソコン・スマホ・ケータイから申し込む

②書類の提出
申し込み完了後アコムからメールが届きます。
記載されたURLにログインし、書類を提出します。
書類提出は
・アプリ・アップロード
・店頭窓口・むじんくん
・FAX
・郵送
からお選びできます。

③審査完了
審査結果はメールでお知らせします。
契約手続お願いメールから契約内容を確認すると契約完了です。

■カードの受取りは
・店頭窓口
・むじんくん
・郵送

自営業者がアコムで審査申し込みの時に必要な書類は?

会社員の方がアコム審査に申し込む際には、本人確認書類と借入金額によって収入証明書類が必要になります。
自営業の方がアコム審査に申し込む際は、本人確認書類、収入証明書類、事業内容を証明できる書類が必要になります。

【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
のいずれか1点のコピー

顔写真がない場合や、現住所と住所が異なる場合は別途
・公共料金の領収書(水道、ガス、電気、NHK受信料、固定電話など)
・社会保険料の領収書
・国税の領収書
・納税証明書
のいずれか1点が必要となります。

【収入証明書】
・確定申告書(控え)
・住民税決定通知書
・課税証明書
・所得証明書
・納税証明書
のいずれか1点のコピー

【事業内容を証明できる書類】
・取引先の請求書
・領収書
・名刺
・口座の取引明細書
アコムから指定のあったものを提出

アコムに今すぐ申し込みするなら


TOP > よくある質問 > 自営業でも借りれるカードローンは?